不動産の競売情報のチラシがたまに入ってきます。相場を調べた上で、入札して落札したらリフォームして再販します。

不動産の競売物件をリフォームして再販
不動産の競売物件をリフォームして再販

不動産の競売物件をリフォームして再販

不動産の競売情報のチラシがたまに新聞の折込みで入ってきます。秋田県の場合は黄色いチラシなのですぐにわかります。物件の相場をあらかじめ調査しておいて、それよりも若干高めに入札します。多少高めでもリフォームして再販しますから、十分に利益が確保できます。住宅の場合はほとんど価値はなく、土地の相場さえわかればだいたい落札価格はわかります。でも、同じような業者が競って買いにくるため、若干高めで入札するのがコツです。リフォームの内容は外壁とサッシ、フローリングと水廻りとトイレ、内装クロスなどです。せいぜい500万もあればリフォームできます。土地付き建物で1000万を少し上回るくらいの価格であればすぐに売れます。1500万だと少し時間がかかるかもしれません。立地条件次第では2000万近くでも売れる物件もありますが、購入できる年代層が限られてくるので、できれば再販価格が1500万以下になるような物件に絞って入札します。
自分で落札したいと思っても、欲しいと思う物件は他の人も欲しいのです。落札できなければ商売ができないので、多少高めで入札するだけの資金的な余裕がなければいけません。一戸建て住宅の場合は築年数によっては建物の価値はゼロに近いので、単純に土地価格を考えればよいのです。築年数が浅い場合は難しいです。リフォームする範囲を決めることと、再販価格を決めることで入札価格を決定します。なかなか思い通りの結果にならない場合も多いのですが、うまくいけば1物件で500万くらいの利益が出せます。販売するには宅建免許が必要ですが、免許が無ければ自分が売主になって不動産屋さんに仲介を依頼します。現物があるということと、新築建売よりも安いため、若い世代にとってはローン支払いの面で有利です。見た目で気に入ってもらえるようなリフォームができるかどうかがポイントです。お金を掛ければキリがないのですが、そこそこの金額でも十分に新築と同じような仕上がりになるので、再販は容易です。
Copyright (C)2016不動産の競売物件をリフォームして再販.All rights reserved.